物書きチャリダー日記
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

チャリダー1143

Author:チャリダー1143
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

鉄のラインバレル第08話「戯れの鬼たち」感想
変態王子の暴走を今回も楽しむとしましょうか。


鉄のラインバレル(9)

初っ端から浩一がやりたい放題・・・にならず、いろんな意味でぼっこぼこにされる話。

今回もシリアスとギャグの混在したよくわからんテンションの1話。
とりあず美海がなんとなくどんなキャラか改めて認識したよ。
いるよね、ああいうキャラ。そしてああいう機体。
スパロボとかで近接戦闘大好き人間の自分からするとすっごく使いづらい機体。
しかも防御弱いのね、ああいうのに限って。
まぁ近接戦闘を目的としていないならそこまで装甲を厚くするする必要もないんだけどさ。

で、そんな美海がやられかけていて、浩一の独断で援護に。
まぁが直接的な原因とはいえない気もするけど、加藤機関が達成したかった作戦をまんまと成功させてしまうと。

その後やっぱり森次と言い合う場面も。
なんともありがちな展開。
・・・と思ってみていたらまさか木崎が・・・!
と思っていたら美海まで・・・!?

おいおい、と思っていたらまぁきっちりオチがあっておしまいと。

ついさっきまで命令に反したせいで加藤機関がわけのわからん危なそうなものを置いていったってのにこのテンション。

まぁしかし面白いよね。

シリアスとギャグ、失敗するととても見ていられないような残念なものになることが多いけど、この作品は上手くやってるよね、ここまでは。

とりあえず社長だよね。
前回の言い訳もちゃっかりしたり、普通に謝っちゃったり。
まぁある意味はぐらかしたようにもとれるけど。

社長が真面目に何かを語るとき、それは一つの大きなポイントになりそうだ。

後は加藤機関のメンバーがまた笑える。
彼らにはユニフォームはないのか・・・?
・・・ってそういや浩一をはじめJUDAメンバーも特別ではない、普通のスーツを着ていたみだいだけど。
でも加藤機関のあれはないだろ(笑)
人間アルマとか出てきたし、もうなんでもありだなぁと。

とりあえずは加藤機関が置いていったあれが何なのか?
そこが重要なポイントになってきそうだ。




ALI PROJECT/TVアニメーション 鉄のラインバレル OPテーマ 鬼帝の剣(CD)




スポンサーサイト

その他過去のアニメ感想、雑記 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2008/11/22(土) 09:48 ]

<<Tiesto`s club life podcast 79 | ホーム | ロザリオとバンパイア CAPU2 第08話 「青春とバンパイア」感想>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://rideonfree.blog59.fc2.com/tb.php/1060-49a167d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 物書きチャリダー日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。