物書きチャリダー日記
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

チャリダー1143

Author:チャリダー1143
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

true tears 第11話 「あなたが好きなのは私じゃない」 感想
あなたが好きなのは私じゃない。

毎回サブタイが本編に出てくるってことはこの台詞、誰がどこで言うんだろうね・・・??


DVD true tears トゥルーティアーズ vol.2《予約商品04月発売》

早速感想。

一人暮らしをはじめた比呂美。
眞一郎との関係もいい方向にリセット。
一方乃絵は一人で・・・。

そんな今回は比呂美と眞一郎でいい雰囲気に。
んで愛ちゃんは元通り三代吉と元通りに近づいていくのか?
4番は相変わらず変にかっこいい。
練習試合で比呂美が故意のファールを食らいまくっているときにコートに入ってきてぴしゃりと一言。

そんで乃絵は一人で・・・。
比呂美がかわいくなっちゃって気がつきづらいけど、乃絵は一人約束を交わした相手からすっぽかされてすっげ~つらい状態。

さりげなく気になるのは眞一郎の描く絵本がバッドエンドだったこと。
乃絵に見せられない・・・って普通にまだ見せる気があるのね、

とことんこの手のアニメの主人公はやってくれるね。

最後は乃絵が帰ってこないと4番の悲鳴。
比呂美が言うところの4番の頭の中にある一人とは乃絵のことか。
完全なシスコンじゃあしょうがない。

比呂美経由で連絡が眞一郎に。
てっきり比呂美が連絡しない展開になるかと思いきや、ここではいい子な比呂美。
そして飛び出し、探す眞一郎。
真っ先に鶏小屋行くあたり、わかっているね。

そして乃絵が別れを伝えた場所に・・・。
すぐに声をかけないあたりがちょっとね。
これから何かあるのかな?

とりあず次回も見逃せない展開になったのは確か。
相変わらず主人公のはっきりとしない反応のせいでずるずると来てしまったね・・・。
まぁ次回を楽しみにしておきましょうか。




true tears ~トゥルーティアーズ~ TVアニメ版 オリジナルサウンドトラック


スポンサーサイト

ゲーム雑記&ゲーム原作アニメ | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2008/03/16(日) 09:27 ]

<<仮面のメイドガイ(4月新番その5) | ホーム | 紅(4月新番その5)>>

コメント
Re:true tears 第11話 「あなたが好きなのは私じゃない」 感想(03/16)
今晩和。

毎回毎回はっきりしない主人公の態度にドキドキしながら見ています。

しかし、今回は眞一郎よりも乃絵の方が奇妙な雰囲気をかもしだして、ハラハラでした。





>毎回サブタイが本編に出てくるってことはこの台詞、誰がどこで言うんだろうね・・・??

私が思う分に、次回予告でこのセリフを言っている人が本編で言っているような気がします。

そう思ってはいても、誰が言っても可笑しくはない状態ではあるので、何も考えずに本編でセリフ探しをしているような状態ですが。(笑)



絵本がバッドエンドになるとは予想していなかったので、地べたが飛べなかったことよりも驚きです。

来週には雷轟丸も飛べると良いです。



では、失礼しました。




URL | 浪川楓 #79D/WHSg | 2008/03/16(日) 21:47 [ 編集 ]

Re[1]:true tears 第11話 「あなたが好きなのは私じゃない」 感想(03/16)
浪川楓さん



どうも、コメントありがとうございます!



言われてみればそうかもしれませんね~。



自分も特に考えず、その台詞が出てきたとき、そこでか~と思う程度ですが、今回の台詞はさすがにやばそうなので、最初から気になってはいましたが。




URL | チャリダー1143 #79D/WHSg | 2008/03/17(月) 08:51 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://rideonfree.blog59.fc2.com/tb.php/1607-c1d058ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 物書きチャリダー日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。