物書きチャリダー日記
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

チャリダー1143

Author:チャリダー1143
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

GOSICK -ゴシック- 第20話 「薔薇色の人生は新雪に埋もれる」 感想
ブロアの性格、意図がいまいち読めないな・・・。

【送料無料】GOSICK

【送料無料】GOSICK
価格:580円(税込、送料別)



早速感想。
今回もブロアに連れて行かれたヴィクトリカ・・・。
連れて行かれた先で、彼女はココ・ローズ事件の解決を求められるが・・・。

今更だけど、ここ数話で随分と一弥も男らしくなったというか、今までの頼りない感じが抜けた感じがする。
ヴィクトリカが危機に立たされる場面が増えたってのもあると思うが。

同時に姿が見えてくるほど余計に意図が見えてこないブロア。

今回は珍しく?事件の内容がなんとなく見えている状況でヴィクトリカがそれにたいしてどのような証拠を持ってきてトリックを証明するのか、そこが見所になっている。

王妃のそっくりさん、ニコル・ルル。

ありえないタイミングで現れるブライアン・ロスコー。
明らかにヴィクトリカ、一弥の前に現れた人物は同一とは思えないくらいのタイミング、そして言動だったが・・・。

今回も狙ってなのかそうでないのかよくわからない笑いのシーンが多くて、ちょっとシリアスで重たい空気を緩和させてくれた。
セシル先生はもちろんそうだけど、やっぱり一番は一弥のダイナミック入店でしょう(笑
そのほかにもちょいちょいあったけどね。


後は次回以降、どのようにラストへ進んでいくのかがとても気になるところ。
とりあえずこのココ・ローズ事件は比較的丁寧に解決へ導いてくれそうだが。


スポンサーサイト

GOSICK -ゴシック- | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/06/06(月) 23:48 ]

<<Tiesto`s club life podcast 210 | ホーム | バイクメンテと下道ツー・・・>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://rideonfree.blog59.fc2.com/tb.php/5481-98157abe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 物書きチャリダー日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。