物書きチャリダー日記
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

チャリダー1143

Author:チャリダー1143
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

Tiesto`s club life podcast 218
218回ということで、最新回にかなり近づいてきた。

初っ端気になるヴォーカルトラック。
Barnett Lobel feat. Sue Cho - Yours Tonight (Original Mix)
・・・肝心の後半の盛り上がりの部分がちょっと期待はずれな感じがしないでもないけど、CEU使ってジャンプさせちゃえばいい感じになりそう。

John Dahlback - Don't Speak (Original Mix)
そしてまた懐かしいトラック。

どうでもいいけど、最近のJohn Dahlbackの曲で使われている写真がレクター博士にしか見えない(笑


01. Barnett Lobel feat. Sue Cho - Yours Tonight (Original Mix)
02. Pulseless - Party Days (Utku S. Remix)
03. Havana Brown - We Run The Night (Angger Dimas Remix)
04. Depeche Mode - Personal Jesus (Eric Prydz Remix)
05. Moby & Haines vs. Funkagenda - Go Splinter (Ben Nicky Mashup)
06. The Subs - Don't Stop (Autoerotique Remix)
07. MYNC, Ron Carroll & Dan Castro - Don't Be Afraid (Original Mix)
08. Fedde Le Grand vs. Sultan & Ned Shepard feat. Mitch Crown - Running (Festival Mix)
09. David Tort - Jack It Up (Original Mix)
10. NO_ID - Accident (Original Mix)
11. John Dahlback - Don't Speak (Original Mix)
12. Tom Hangs feat. Shermanology - Blessed (Avicii Edit)




Podcast,Radio Mix | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/06/29(水) 20:35 ]

岸田教団&THE明星ロケッツ/POPSENSE
岸田教団&THE明星ロケッツ、待望のメジャーデビューアルバムは「ロック風ロックバンドのオリジナルアルバム」らしい。

CDの帯に書かれたこの言葉、その他にもおふざけ的な文字が書いてあるので、いまいち真意がよくわからないが、妙に意味深。

アルバムの内容はまぁいい感じに岸田教団のカラーで埋め尽くされている。

力強く、キャッチーでわかりやすい・・・だけど独特なメロディーとスピード感は岸田教団のいいところ全開で、メジャーデビューアルバムでこのバンドの曲を初めて聴く人にもわかりやすい。

ここまでド直球で勝負してくるあたりに潔さ、自信を感じる。
実際に力強く、自信に満ち溢れたサウンドだと自分は思う。



ファーストアルバムでここまでカチっと一つ、音楽の方向性がしっかり伝わってくるのはやはり素晴らしい。

これはかなり次回作のハードルが上がりそうだ。

とにかくキャッチーでわかりやすいメロディーが特徴なので、少しでも彼らの曲を聴いて気になっているのなら、購入しても後悔はしないと思う。
・・・ってか自分がそうだ。
そして聴いていけばいくほど、その中にあるオリジナリティーに気がつくことができる。
意外に奥が深いアルバムだと自分は感じた。


【送料無料】POPSENSE

【送料無料】POPSENSE
価格:2,394円(税込、送料別)



アニソン | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/06/28(火) 23:54 ]

Tiesto`s club life podcast 217
今回はこの曲がすっごく気に入った。

Third Party - Feel (Original Mix)

ビート感、音の心地よさ、効果的jなヴォーカル。
一つの曲としてかなり好き。

その後に続く曲がものすごく懐かしい。
そしてブレイクのタイミングで空気を読まないアイキャッチ(笑

Leonid Rudenko - Summerfish (Scandall Sunset On Ibiza Mix)

個人的にはこのあたりの雰囲気の曲を多用するスタイルに少し戻って欲しい気がしないでもない・・・。


01. Sweedish House Mafia feat. John Martin - Save The World (Original Mix)
02. Marco V & MoHawk - Unprepared (Marcel Woods Remix)
03. Lazy Rich & Callum B feat. Belle Humble - The Chase (Original Mix)
04. Third Party - Feel (Original Mix)
05. Leonid Rudenko - Summerfish (Scandall Sunset On Ibiza Mix)
06. Michael Woods - Front Line (Original Mix)
07. Aki Nair & Sebastian Soll pres. ANSOL - Blue Magic (Original Mix)
08. Wynter Gordon - Til Death (R3hab Remix)
09. Goose - Synrise (Mumbai Science Remix)
10. Mat Zo - Superman (Original Mix)
11. Andain - Promises (Nitrous Oxide Remix)
12. LMFAO feat. Lauren Bennett & GoonRock - Party Rock Anthem (Alesso Remix)



Podcast,Radio Mix | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/06/28(火) 21:16 ]

Tiesto`s club life podcast 216
なんだかすっごい懐かしく感じる曲がきた。

Example - Watch The Sun Come Up (Moam Remix)

改めて、曲自体の良さを感じた。



01. Nadia Ali, Starkillers & Alex Kenji - Pressure (Alesso Remix)
02. Dell Gibbons feat. Miss Roberts - Freedom (Fonzerelli's Superclub Piano Dub)
03. Example - Watch The Sun Come Up (Moam Remix)
04. Mord Fustang - Lick The Rainbow
05. Adele vs. Hard Rock Sofa & Hook N Sling & Goodwill - Blow Up The Deep (Hardwell Mashup)
06. Promise Land - Bounce
07. Oui'Wack - Jungle Wars
08. Hagenaar & Albrecht - I Won't Let You Down (Albin Myers Remix)
09. Alex Kunnari - Lost
10. Michael Woods vs. Age Of Love & Wippenberg - First Age Of Love (Dart Rayne & Yura Moonlight Mashup)
11. Timmy & Tommy pres. Full Tilt - Restrictor
12. Joachim Garraud - Everybody In The Place (Autoerotique Remix)

Tiesto / Club Life Vol 1: Las Vegas 輸入盤 【CD】

Tiesto / Club Life Vol 1: Las Vegas 輸入盤 【CD】
価格:1,827円(税込、送料別)


Podcast,Radio Mix | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/06/24(金) 00:23 ]

Ceui/first eden
Ceuiさんのニューアルバムは最近の彼女の様々な音楽的なアプローチがようやく一つの型として現れてきたのかな・・・?と感じさせる内容。

特に音日記での音楽に台詞をのせるやり方をこのアルバムでは効果的に使っている。

後は作曲の小高光太郎さんとの相性の良さも健在。

曲の幅も結構広め。
ceuiさんの歌声はどちらかというと美しい、神秘的・・・という表現が当てはまると自分は思っているが、それにプラスこのアルバムでは力強い部分が前面に出てきて、それが生きている。
意外に思ったのが曲中の台詞がそれを強調させるような気がするところ。
なんとなく台詞が入るメロウな曲って心地よい、リラックスして聴ける雰囲気っていうイメージがあるので、全てを聴き終わってからこんなに聴き応えのある印象を持つとは思わなかった。

後はなんといってもぶっ飛んだ世界観でしょう(笑

彼女の楽曲からはちょいと外れた世界観に感じ取れるんだけど、ライブのMCなどで見せる姿にはものすごくよくマッチするんだよね。

あらゆる意味で不思議、神秘的な人なのかも(笑

とりあえずはアルバムが一枚、形となって出てきてくれたことに感謝。
これからも何にも問われない、ceuiさん自身が作る世界観を基にした曲がちょいちょい聴けるといいな・・・。




アニソン | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/06/23(木) 00:00 ]

前のページ 次のページ
copyright © 2017 物書きチャリダー日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。