物書きチャリダー日記
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

チャリダー1143

Author:チャリダー1143
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

マリア様がみてる 涼風さつさつ
久々に読み返しているマリみて。

今回は涼風さつさつということで、細川可南子が本格参戦の回。

後を知っているの状態で読んでいくと普通に不気味でもなんでもない不思議。
それどころかこの後のひと悶着、そしてさらにそれを乗り越えた後のことを考えてにやりとしてしまうくらい。

後半は花寺のお祭りでのお手伝いで色々・・・な話。

しかし祐巳・・・そんな勘違いをされるなんて、なんだか悲しいね。




マリア様がみてる(涼風さつさつ)





book&DVDレビュー・雑記 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/01/04(火) 21:45 ]

マリア様がみてる 真夏の一ページ
久々に読み返しているマリみて。

今回は真夏の一ページということで、短編集になっています。

一応、紅→白→黄の薔薇姉妹の?話を入れた三部構成。

今回は比較的、軽い話で?コミカルに話が進むので、さくっと読み終えることができる。


話が変わりますが、マリみて新刊出ていたんですね・・・。
もう新刊情報はあきらめて?まったく仕入れていなかったので、書店で見つけてびっくり。
とりあえず買いました(笑

今電車内で過去作品を読み返している状態なので、本編シリーズがひと段落したら読もうかな・・・と思っています。


マリア様がみてる(真夏の一ページ)





book&DVDレビュー・雑記 | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2011/01/01(土) 22:35 ]

絶対少女聖域アムネシアン第二巻
ようやく買って、帰りの電車で読みました。←ここ重要。

とてもではないけど、隣に人が座っている状態で読めるような話ではありません(笑

今日は帰りの電車で乗り過ごしてしまったので、逆方向のがらがらの車内で読みました。


基本的には今回も介錯先生やりたい放題。

もう何がしたいんだかよくわからん・・・いや、姫子と千歌音をいちゃこらさせたいだけか。

かなりアホな展開・・・なんだけどちゃっかり熱い展開。
まじめにやれば面白いんだから普通にやってくれよ・・・って気もしなくもないけど、まぁこれはこれで面白いからいっか・・・と結局いつもどおりの介錯先生漫画でしたよと。

逆を言うとこれファン以外の人が読んだら普通にドン引きな気が・・・。




絶対少女聖域アムネシアン(2)





book&DVDレビュー・雑記 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2010/09/06(月) 22:24 ]

マリア様がみてる/子羊たちの休暇
久々に読み返しているマリみて。

そういえば映画化するんだっけ・・・。

今回は子羊たちの休暇ということで、祥子さまの別荘に行く話。
いいねぇ、自分もこの熱帯夜からとにかく逃げたい。

ストーリー的には二人の休暇に色々邪魔というか、めんどくさいトラブルに巻き込まれるんだけど、見事に解決。
前回の仲直りでさらに強くなった紅薔薇姉妹の絆を感じるとことができるエピソード。

そして個人的に思う、紅薔薇姉妹絶頂期。
これからは瞳子ちゃんに翻弄されていく話が多くなるので・・・。



マリア様がみてる(子羊たちの休暇)




book&DVDレビュー・雑記 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2010/08/30(月) 23:55 ]

マリア様がみてる/パラソルをさして
久々に読み返しているマリみて。

今回は紅薔薇姉妹仲直りの巻。

色々と誤解やらすれ違いやらが重なってしまい、とんでもないことになっていたわけですが、とりあえずこれでめでたしめでたし。

このストーリーで加東景初登場。

マリみてはホント、こうして出てくるちょい役も本当に好き。

もうちょい役メインの短編集みたいなのは特に好み。

また何か出してくれないかなぁ。



マリア様がみてる(パラソルをさして)





book&DVDレビュー・雑記 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2010/08/05(木) 00:00 ]

前のページ 次のページ
copyright © 2017 物書きチャリダー日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。