物書きチャリダー日記
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

チャリダー1143

Author:チャリダー1143
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

魔法少女まどか☆マギカ 第05話「後悔なんて、あるわけない」 感想
サブタイが毎回意味深というか、怖い。
特に本編を見ていない状態でこのタイトルだけ見るとね・・・。


【送料無料】魔法少女まどか☆マギカ 1【Blu-rayDisc Video】

早速感想。
どことなく神無月の巫女的な関係をほむらとまどかに感じる。
急にそんなことを思った。

ほむら、神無月でいえば千歌音は二人の宿命を知ってしまったがためにそれを避けるために魔法少女=巫女にならせないために・・・っていう。

・・・いける、最高の百合アニメになれる。


神無月では輪廻転生という流れの中で過去に繰り返した二人の宿命を千歌音は悟るわけだけど、この作品、ほむらの場合はどうだろうか。

ほむらは魔法少女になることとはどういうことかを少し誇張している気もする。
結局彼女も魔法少女の本質はわかっていないけれども、二人が魔法少女になることがどうなることか・・・ってのは知っている程度かなと。
誇張でもなんでもなくて、全ての魔法少女の行く末を知った上であの発言をしているとなると彼女だけに拘っている理由がちょっとズレてくる気がする。

それに、あれだけ魔法少女について言いながら、自分は魔法少女。
結局ほむら自身もまどかを守るために・・・?
1話冒頭のシーンや、キュウベの契約したともいえるし、違うともいえる・・・て台詞。
イレギュラーな存在。
パラレルワールド的なものが存在すると考えるのが妥当か?


やっぱりさやかが調子に乗る(笑
彼女はなんだかリアルな人間っぽくて好き。
わざとらしい振る舞いとか。
・・・魔法少女になったことをみんなを守るため、正義のためと言い聞かせて自分をごまかしているところか。

まどかは親友が魔法少女になったことによってかなり傾いている。
けれども、マミの死とほむらという存在が彼女を魔法少女になるという選択肢をギリギリのところでとどめさせているのかな。
まぁほむらの場合は今回実力行使だったけど(汗
あのタイミング出てくるってことは確実に戦いを見てたよね・・・。
魔法少女同士が戦うことは見逃してもまどかが魔法少女になることは絶対に阻止する。
ホント、ほむらとまどかには一体どんな関係があるのか。

その魔法少女になることをかなりプッシュするキュウベェ。
ホントこいつは一体何なんだ・・・?
ほむらはイレギュラーだとキュウベェ自身が口にしたのがかなり気になるところ。
やっぱりこの二人は何かあったんだろうな。
キュウベェがこの魔法少女に絡む諸悪の根源だとは思えないけど、少なくともどこかでほむらとまどかを巻き込んでとんでもないことをやらかしてくれたのは間違いなさそう。

前回までは比較的気にならなかったほむらとまどかの関係がキュウベェの台詞のおかげで急に気になりだした。

そんな感じ。

書いていて自分でも意味不明だから今回はここまで。


【CD】「魔法少女まどか☆マギカ」ED/カラフィナ/Magia(アニメ盤)




魔法少女まどか☆マギカ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/02/06(日) 23:27 ]

魔法少女まどか☆マギカ 第04話「奇跡も、魔法も、あるんだよ」 感想
サブタイ、文字だけ見ると別になんてことないんだけど、作品の中身を知っているととてもおぞましいものに見える。


魔法少女まどか☆マギカ 1(完全生産限定版)(BD) ◆20%OFF!

早速感想。
ある意味予定調和な回。
もはやこうなるのはさやかには上條という存在がいて、魔法少女のマミの姿を見て決まっていたようなもの。
そこでとうとうマミが消えてしまい・・・と。

一方のまどかは・・・。
ほむらとものすごく意味深な会話。
そのやさしさが・・・ってのは一話の冒頭に繋がることになるのだろうか。
この二人からはちょっと複雑な百合的なサムシングを感じるので、そういう意味でも進展が気になる。
お互いどこか心配をしているような、そんな雰囲気を感じるだけに、あまり酷い展開は勘弁してほしい。

そしてあからさまなさやかの死亡フラグときゅうべぇの黒幕フラグ。
ただしきゅうべぇは意外に?あっさりとまどかをあきらめている部分もあるし、これまたミスリードを誘っている可能性もなくはないと思う。

そして新キャラ。
彼女もきゅうべぇと敵対しているようにはみえない接触の仕方だっただけに、やはりほむらの置かれているポジションが特別なのだということが感じられる。

この新キャラ、さやかという魔法少女にとっては危険な存在になりそうだ・・・。

それにしても、改めて暗いというか、陰気な感じがするアニメだ。
魔女が直接手をくだすのではなく、自殺を誘発させるってのが余計にね。
今更だけど。
やっぱり1話からいた主人公の友人がそうなると一気にそういう印象も強く感じるようになる。

毎回のことだけど、次回が楽しみであるけど、怖くもあるね。


Kalafina カラフィナ / Magia TVアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」エンディングテーマ 【期間生産限定 描き下ろしアニメケットジャケット盤】 【CD Maxi】





魔法少女まどか☆マギカ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/01/30(日) 21:14 ]

魔法少女まどか☆マギカ 第03話「もう何も怖くない」 感想
やはり重たい話がくるのか・・・。


2011年02月02日発売【CD】ClariS/コネクト(期間生産限定盤)【『魔法少女まどか☆マギカ』OPテーマ】

早速感想。
とうとう虚淵大先生の本領発揮か。
魔法少女で普通こういう展開やるかよ・・・。
っていうのが狙いか?

まさかのマミがダウン。
こんな序盤で消えるキャラだったとは・・・。
おまけにかなり怪しげな雰囲気を出していたのに真相は・・・と。
これはショッキング。
まんまとはめられた。
ミズハスのあの演技と演出があったら誰でも疑うよ・・・。
実際はかなりピュアな心で戦っていたみたいだ。
時々見せたあの黒い表情やほむらに対する態度は同属嫌悪というか、魔法少女そのものに対する嫌悪感からくるものだったのかな・・・と。
魔法少女の仲間が純粋に増えて欲しいという思いでまどかたちを誘いつつも、急かしたりしないで慎重に選択することを進めるのは魔法少女がどのようなものかを知っているから・・・。
こうして全てをわかってしまってからマミの行動を見ると泣けてくるな。
それに引き換えあのキュウベェときたら・・・。
1話から回を重ねるごとにどんどんえげつないやり方をしているような気がするよ。

・・・とかいってね、またマミがダークサイドで復活的なのは勘弁して欲しいよね。
裏の裏の・・・裏だったみたいな。
魔女として出てきた時にはもう目も当てられないくらいの展開になりそうだ。

ショッキングなのはまどかたちも同じ。
おまけに魔法少女が負けるとどうなるかを目の当たりにしたわけだし。
夢だの希望だの願いだの、それを体現するはずだったマミがスパッとやられたなんてねえ。
ちょいと夢見がちなところに一気に残酷なものをぶつけられた彼女たちは次回以降どうするのだろうか。
そこに漬け込んできそうなキュウベェが怖い。
ほむら次第か。
でも結局ほむらが活躍してしまうとまどかたちは魔法の世界から離れておしまい・・・だしな。
さやかとあの入院している子との展開も非常に気がかり。
ってか完全にフラグだしな・・・。

虚淵大先生は人の願いとか、そのあたりの執着心みたいなのメチャクチャ重たくするの得意だからな・・・。
おぉ、怖い怖い。


Kalafina カラフィナ / Magia TVアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」エンディングテーマ 【CD Maxi】






魔法少女まどか☆マギカ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/01/23(日) 20:38 ]

魔法少女まどか☆マギカ 第02話「それはとっても嬉しいなって」 感想
このアニメを見た後は無性にShpongleの曲を聴きたくなる(笑


魔法少女まどか☆マギカ 1(完全生産限定版)(BD) ◆20%OFF!

早速感想。
今回も結局主人公が魔法少女に変身・・・どころか魔法少女になるかどうかすら微妙な展開に落ち着くとは。

相変わらずまどかの周りは胡散臭い言動をする人ばかり。
特にマミは何を考えているのかいまいちわからないところがある。
ほむらはどんな意図があるのかは明確にはなっていないけど、魔法少女になることを阻止したいわけで。
マミは表情を見ているとすっごく怪しいんだよね。
すっごく悪い見方をすればまどかたちを手なずけようとしているようにも見えてくるし。

そして明確にされたこの世界での魔法少女について。
その魔法少女が戦う相手について。
案の定重たい設定。
随分シビアな世界に生きているんだね、この世界の魔法少女は。
魔法少女が魔法少女であるためには自ら進んで魔女を倒していかなければいけないっぽい。
魔力の回復などの恩恵を受けるためとはいえ・・・魔法少女同士で争いになることすらあるらしい。

設定を知ってしまうとさらに重苦しいというか、キュウベイの存在が怪しく思えてしまうというか。

まだ2話、おまけに主人公は魔法少女にはなっていない。
魔法少女に必須?な設定や思い、願いといった王道的なものを使いつつもやっぱり新しい何かを期待させる。

次回はどうなるんだろう。
どんどんシリアス展開に突入していきそうだ・・・。


Kalafina カラフィナ / Magia TVアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」エンディングテーマ 【CD Maxi】




魔法少女まどか☆マギカ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/01/16(日) 11:35 ]

魔法少女まどか☆マギカ 第1話「夢の中で会ったような…」 感想
新番組第4弾。


ClariS クラリス / コネクト TVアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」オープニングテーマ 【期間生産限定盤(アニメJK盤)】 【CD Maxi】

早速感想。
とりあえず豪華なメンツのおいしいところは全部出ていたと思う。
虚淵玄さんのどうにも重たい雰囲気と梶浦さんの音楽は結構マッチしている。
サイケチックな背景と共にゴア系の音楽が魔法少女もので使われるとか改まるとすっごい。

パッと見た感じでは普通に面白そうだし、今後の内容も気になるんだけど、心配事も。

まぁシャフトである以上今後のクオリティーの心配。
これはもう誰も擁護できないでしょう。
過去にやってきた経歴あるし。おまけに見ているとだいぶ凝った演出を多用しているし。
あのサイケチックな演出はこの作品において重要なものになりそうな気もする。

後はちゃんと話がまとまるのか?ってところも。
これはまぁゲーム原作をアニメに落とし込んだわけではなく、しっかりアニメ用に脚本を作っているだろうから大丈夫だと思うけど、虚淵さんってアニメ脚本だとブラスレくらいしかやっている印象ないんだけど・・・。
あれも終盤は少し・・・なところがあった記憶が。

しかしまぁうめ先生の絵で序盤のような魔法少女定番の明るい家庭や仲の良いクラスメイトが描かれるとすっごい和むね。
これはこのままダラダラほっこり魔法少女展開をやって欲しかった気もする。

ストーリー的なものはまだ1話、それもかなり物事を断片的に見せられたような感じなので、大体の流れはわかったけど魔法的な部分での能力であったり世界の仕組みはまだまだこれから。
よってあまり書くこともないけど、雰囲気的にはグッド。

最初に書いたけど、結構個性の強い人たちが集まったけどしっかりいいとこ取りみたいな感じで上手く組み合わさっている感じはしたので、今後もいい感じで機能していけば普通に楽しめそう。
よっぽどのことでもない限りこの面子ならアニメファンはついてくるか名前を見ただけで敬遠するかのどちらかだろうから、結構趣味に突っ走ったアニメをやって欲しいな。



CD+DVD 10% OFF[初回限定盤 ] ClariS クラリス / コネクト TVアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」オープニングテーマ 【初回生産限定盤】CD+DVD  【CD Maxi】







魔法少女まどか☆マギカ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/01/09(日) 18:35 ]

前のページ
copyright © 2017 物書きチャリダー日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。